2006年06月29日
2006年06月28日

アニメ アイシールド21 64話「光速の男現る!?」

アニシールド21。

進のロッカールームに押し掛けて挑発
人柄の良い鬼平を小馬鹿に
監督の制止も聞かず勝手に試合に出て自分がナンバーワンと誇示

そんな反抗期真っ只中、日番谷似・白髪の少年登場。これがアニメの陸かー。陸なのかー。あれじゃ「セナの兄貴分」というよりも「セナに迷惑をかける愚兄」。毎度の事ながら、今度のオリジナルエピソードは酷過ぎる。前回のポセイドンも、今回の西部も、泥門の対戦相手は尽く悪役にされてしまう運命なのか。

来週は鈴音の作画をしょこたんがやるとかで。公式サイトで見たけど、おめめパッチリの少女漫画風っぽかったです。でもそんな原画の鈴音が居ても、アニメのアイシではあまり違和感は感じないと思います。
posted by BLEACH notes at 21:11 | アニメの感想
2006年06月27日

ジャンプ2006年30号感想・前半

表紙はブリーチ。→続きを読む
posted by BLEACH notes at 22:28 | ジャンプの感想
2006年06月26日

劇場版映画BLEACH MEMORIES OF NOBODYの公式サイト

劇場版映画BLEACH MEMORIES OF NOBODYの公式サイトがやっとオープン!です。

2006年12月全国東宝系ロードショー
監督:阿部記之
脚本:十川誠志
製作:劇場版BLEACH製作委員会
上映時間:90分

07/15 映画のバナー&ポスター掲出開始
バナーは180cm×350cmの等身大一護、ルキア、恋次、日番谷、白哉の書き下ろしイラスト。ポスターは一護バージョンとルキアバージョン。全国東宝系劇場他で掲出開始。

08/05 前売券販売開始
劇場窓口で前売り券を購入すると、先着で「護廷十三隊隊長集結!劇場限定BLEACH縦型ポスター」を前売券1枚につき1セットプレゼント。価格は一般1300円、小人800円。

今のところこれくらいでしょうか。映画の内容はTVCM以上の事は明らかになって無いみたいですけど、一護、ルキア、恋次、白哉、日番谷、コンは出演(?)するみたいですね。前売りで貰えるポスターの絵柄もまだ未定のようですが、このラインナップも気になるところです。上映時間90分というのは、微妙に短いような気もするんですが、コンが主役の短編と二本立てなんて事は?
posted by BLEACH notes at 23:36 | BLEACHとブリーチ
2006年06月25日

バガボンド 23巻感想

バガボンド 23 (23)今月買った漫画その3。バガボンド 23巻です。この巻は又八さんのへなちょこ物語でした。それでも表紙に描かれることがないのが又八さんなのだっ!

佐々木小次郎を勝手に名乗ってたら本人に遭遇してしまい、何故かそのマネージャーになって出世しようと目論む又八さん。印可状を託した相手の真意を知って雪が降り、吉岡の人を斬ろうとする小次郎の前に立ちはだかって大熱弁。ここまでなら良かったんだけど、その後調子に乗って小細工し、自ら泥沼にダイブ。印可状を渡して持ち直すかと思ったら、やっぱり渡さんのかい。揺れ動く又八を見るのは楽しい。浮世離れして行く武蔵に対して、この人はどこまでも凡人で良いです。

「ちょっと歩こうか」の御池さんが小次郎に斬られたのは、御池さんのせいで女が逃げたからですか。又八が吉岡でてんぱってる時に、ちゃっかり帰巣本能で本阿弥家に帰ってしまう小次郎・・・。

伝七郎は運動会の前日に熱を出すタイプと見た。21巻冒頭で結末は見えてるけど、それまでにこの人に救いはあるんだろうか。あんな美人妻が居るのが救い?

「美しいならば人を斬ってよいと思っているのも事実」

一見すると穏やかな老紳士風の本阿弥光悦。やはり危ない系でしたか。光悦が研いだ刀で、武蔵と小次郎が斬りあうのか、まだそんな段階ではないのか。

次回24巻は、10月発売。この予告って「これ以上早くはなりませんよ」ってことなんですよね、恐らくは。同じ頃に画集も出るということで。
posted by BLEACH notes at 23:21 | 漫画の感想

キミも一護☆ でもこのオッサンは一護ではない。

特別限定モデル!BLEACH:ルキアtype 特別限定カラー☆BLEACH:イチゴTYPE一護とルキアになれるズラ・・・ウィッグか。一護はちょっと髪が長すぎる気もします。ルキアのはいい感じだけど、美容院で普通にオーダーできそうなんですけどね。あと一護のモデルが・・・モザイクかけてあげたほうがいいんじゃないかと思ったんですが、この店自体、店長のコスプレ写真披露ショップみたいですね。
posted by BLEACH notes at 22:12 | BLEACHとブリーチ
2006年06月23日

ジャンプ2006年29号感想

表紙はONE PIECE。快晴にアンブレラァアー!!!→続きを読む
posted by BLEACH notes at 20:15 | ジャンプの感想
2006年06月22日

一護一笑 森田おにいさんと石川おにいさん

一護一笑が更新されてました。ゴールデンウィークにアニメイトでやったイベントの模様ですが、前回より今回の方が面白かったです。先週ジャンプで浮竹が言っていたような事(皆死んでから死神に)を、浮竹の声優の石川さんが言ってたのには驚きました。あとキャラソン、「斬」に白一護が出るのは、森田さんのアイデアってことです。白一護を召還できるのは森田さんだけですからねー。ちゃんとはまってたし、さすが。
posted by BLEACH notes at 22:58 | BLEACHとブリーチ
2006年06月20日

189th down 「No.1を哮る者」 金剛阿含のちょっと寂しい青春

20060620.jpg

ありがちながらも、よっぽどプチプチが好きと思われる。ジャンプの感想はまた。
posted by BLEACH notes at 23:19 | ネタ絵色々
2006年06月17日

アイシールド21 19巻

アイシールド21 19今月買った漫画その2。アイシールド21の19巻です。サブタイトルは継ぐ者。

表紙はコータローとか武蔵とかが来るのかと思いきや、アイシールドを脱いだセナでした。盤戸戦が終わり、その後赤羽から最強のランナーの称号として「アイシールド」を受け取ったセナ。これからは自分で最強を名乗るという意味でアイシールドを付けるのだから、アイシールド無しのセナはこの盤戸戦だけだったわけで、アイシールド無しのセナというのは貴重ですしね。(くどい)

裏表紙(も有る所もすごいけど)は、盤戸メンバー。カンカンしてるコータローや、微妙に微笑んでる気がする不吉な緑の(光合成してるんか)赤羽はともかく、ジュリが可愛い過ぎる。髪の色は水色なのかー。普通にはありえない色だけど、これもまたカラコンならぬウィッグとかいうオチでしょうか。しかし18巻から並べてみると、盤戸の色は鮮やかですね。そういえば西部戦は荒野とでも言うべき荒っぽい感じだったし、巨深戦は水っぽいイメージでした。

著者コメントは、珍しく(初めて?)稲垣&村田両先生の連名で。文章は稲垣先生、絵は村田先生という、そのまんまっぽいですけど。そういえばこの19巻に掲載されてる話が、オールカラーのために書き溜められていたという部分でしょうね。そう意識して読むとちょっと感慨深いです。

盤戸戦ということで、全巻の18巻から通して読んでみたのですが、やはりコミックでまとめ読みすると流れが掴み易くて普通に楽しめました。ジャンプで読んでいた時は、突然のセナの仮面外しイベントに始まり、本当のアイシールドの21の謎、赤羽の謎キャラぶり、謎のブロック等々、大きな謎、小さな謎、どうでもいい謎が入り混じっていて、大事なポイントがちょっと分かり難かったですしね。こうして改めて読むと「ああ成る程」と納得することも多かったです。

「最強ランナーだけが掲げるエースナンバー」だというアイシールド21。それを去年の東京MVP赤羽隼人から継いだ(でいい?)セナ。赤羽は1試合だけ最強を名乗り、その後はセナにアイシールドを渡したわけですが、そもそも赤羽にアイシールドって、少し無理があったように思います。「ランナー」とはどのポジションまで当てはまるのか分かりませんが、「リードブロックの魔術師」ということで、ボールを持つランナーの前を「走る」の赤羽。だからタイトエンドであっても「ランナー」なのかな。でも赤羽の場合「最強のランナー」というよりも「最強の何でも屋」という感じでしたね。盤戸というチーム自体、赤羽がいないとごく普通の、平均的なチームなんだろうな。

オマケページでは、地味雲水の如く「喝!」と言わされる地味石丸。もはや雲水は地味でも何でもない存在感があるのですが、石丸はやっぱり最終回まで地味なままでいいよいいよ・・・。でも泥門メンバーの通知表では「オール4」と、地味に成績もそこそこ良いことが判明。セナなんて2と3ばっかりなのに。あと雪光はあれだけ勉強して数学は4なんですね。十文字は5、ヒル魔はあんなんで100なのに!?栗田と武蔵は、意外と家庭科の成績が良くて驚き。小結も体育が5とはちょっと意外でした。武蔵は文系、十文字は理系かなあ。他校のも見たい。

全国編スタートの全頁カラーの回も収録されているというのに、カラーオマケ漫画までもある18巻。武蔵がモヒカンにする過程ですが、茶髪のリーゼントもかなり似合ってる。ちゃんとヒル魔のお遊び(?)に付き合ってやる武蔵は大人だ。でもあんな髪型にしても学校から何も言われないのは、もちろんヒル魔の圧力や武蔵の威圧感もも有るだろうけど、それなりに成績が良いからなんだろうな。

白目輝く一休と金剛兄弟の予告で、19巻終了〜。20巻は8月4日発売予定だそうです。楽しみだっ!
posted by BLEACH notes at 23:39 | 漫画の感想
2006年06月15日
2006年06月12日
2006年06月10日

ピューと吹く!ジャガー 11巻

ピューと吹くジャガー 11 (11)今月買った漫画その1(たぶんその3くらいまである)。ピューと吹くジャガー 11巻

表紙は羊飼いジャガーさんで、このコミックのタイトルは「永遠」。一瞬神々しく見えた自分がアホでした。そしてそんな表紙をめくれば、ベタな80年代風うすた京介著者近影のイラスト。かなり脳みそハーイ☆

収録されてるのは239話まで。かなり最近のものまで収録されてました。アイシ稲垣先生の妹さんが描いたタイトル絵もちゃんと載ってます。よく見れば二宮金次郎か、これは。

オマケページ。ページの谷間「本格派!ジャガーさんの絵描き歌」も面白かったけど、これどんなリズムで歌えば良いのか。ケンノゥヌフォンノゥ(ケンノウファノー?)の意味がやっと分かってスッキリしました。そんなの往来で他人に聞く言葉じゃねー!!!本編はハミー&ハマーと、マヌ太郎あたりが最高でした。
posted by BLEACH notes at 23:04 | 漫画の感想

ジャンプ2006年27号感想・後半

べしゃりは今週も休載。→続きを読む
posted by BLEACH notes at 09:10 | ジャンプの感想
2006年06月07日
2006年06月06日

アニメのバウント篇は7月で終了?

今週のジャンプに「バウント篇全7巻」とありましたが、バウント篇はDVDでいうと「7巻」で完結するんですね。で、アマゾンで見ていると更に「全7巻(11枚)収納豪華特製BOX付き」とありました。7巻で11枚!?計算が合わんではないですか。

バウント篇 1 64〜67話 ドラマCD付きで2枚
バウント篇 2 68〜71話 死神図鑑ゴールデンDVD付きで2枚
バウント篇 3 72〜75話 特典は設定資料数なので1枚
バウント篇 4 76〜79話 特典は特製BOXなので1枚

ここまでで合計6枚。

バウント篇 5 80〜83話(←?)
バウント篇 6 84〜87話(←?)
バウント篇 7 88〜91話(←?)

残り3枚のうち2枚に、また特典CDだかDVDだかが付くのでしょうか!?またドラマCDってわけには行かないだろうし、まさか一護一笑の総集編とか、ラジオの番外編とかじゃないですよね。まんざらありえなくもなさそうですけど、どうなるんでしょう。

今日放送されたのが83話なので、残りのバウント篇は8話ほど。時期は中途半端ながら、ちょうど7月中に放送が終了するくらいですね。早く原作の話に戻って欲しいなー。
posted by BLEACH notes at 20:07 | BLEACHとブリーチ
2006年06月04日

映画デスノ試写会感想

映画DEATH NOTEの感想です。ネタバレはたぶん無いと思います・・・たぶんですよ・・・→続きを読む
posted by BLEACH notes at 23:11 | 漫画の感想
2006年06月03日

映画DEATH NOTEの試写会に行ってきました

20060603.jpg映画「DEATH NOTE」の試写会に行ってきました。

舞台挨拶なんかもあり、テレビカメラも数台入っていて、地元の試写会としてはかなり盛り上がった部類なのではないでしょうか。お客の年齢層は高めというか、大人中心。普通に人気有るんだなーと、改めて感じましたよ。ジャンプものではナルトとかワンピの試写会にも行ったことがあるのですが、デスノはむしろそれよりも一般の映画の試写会という感じでした。

映画は数日前に完成したばかりだそうで、第二部の撮影も一昨日から始まっているとのこと。今日の試写会は撮影を中断して舞台挨拶に来られたとか。

感想は後ほどまた書きたいと思いますが、気になってたリュークの声優さんは、→続きを読む
posted by BLEACH notes at 21:00 | 漫画の感想
2006年06月02日

ジャンプ2006年26号感想

遅くなりました。余裕があったら続きも書きますが、今週は前半のみです。
→続きを読む
posted by BLEACH notes at 23:37 | ジャンプの感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。